ウォーキングの正しい知識とは?

 

運動効果のあるウォーキング

健康のために、またダイエットのためにウォーキングを始める人はとても増えてきています。

 

ウォーキングは始めるために

必要な道具はそれほど多くありませんが、ウェアやシューズは必要です。

 

効果的なウォーキングを行うため

正しいフォームの知識を身につけなければなりません。

 

健康のために、またダイエットのためにウォーキングを始める人はとても増えてきています。ウォーキングは生活習慣病を防止する効果があり、持久力や筋力を維持する助けにもなります。誰でも簡単に行える有酸素運動としても人気です。

 

安全に楽しく、運動効果のあるウォーキングをするには正しい知識が必要です。効率の良いウォーキングをするにはどのような知識が必要でしょうか?

 

ウォーキングは始めるために必要な道具はそれほど多くありませんが、ウェアやシューズは必要です。吸収速乾性に優れた素材なら、汗で重くならずに快適に運動を楽しむことができます。

 

 

スポーツタイツを着用してランニングやウォーキングをしている人をよく見かけるようになりました。スポーツタイツはぴったりと体に密着し、筋肉のブレを軽減して疲労を減らしたり、怪我を防止してくれる効果があるので初心者におすすめのウェアです。

 

シューズはできるだけウォーキングシューズを選び、実店舗で試しばきして自分の足にしっかりフィットしたもので歩くようにしましょう。ウェアやシューズを自分好みのものにそろえると、ウォーキングのやる気もアップします。

 

効果的なウォーキングを行うためには正しいフォームの知識を身につけなければなりません。基本となる歩き方は、腕をしっかりと振って、大股で少し早歩きをするというものです。自分の身長の約半分ほどの歩幅を目安にすると良いでしょう。

 

ウォーキングはダイエットをしたい、体幹を鍛えたい、といった目的別でフォームが少し異なるので、自分にあった歩き方に関する知識が必要です。呼吸法は自分の自然な呼吸で構いません。吸って吸って吐いて吐いて、とリズムをつけたほうがやりやすいという人もいますし、吸って吐いて吸って吐いてと自然で楽なやり方でも問題ありません。

 

ウォーキングにおいてコース選びは重要なポイントです。初心者はなるべく平坦な道を選ぶと無理なく続けられます。車通りや人通りを考えて安全なコースにし、マンネリ化を防ぐためにも何種類かのコースがあると、続けやすいです。

 

慣れてきたらアップダウンのあるコースに変えるなどして、体に負荷をかけより効果のあるウォーキングをすることもできます。

 

ダイエットにも役立つ健康ウォーキング

 

ウォーキングは誰でも簡単に行える有酸素運動

他の激しい有酸素運動に比べて筋肉や関節への負担が少ないので、多くの人に勧めることのできるダイエット方法です。

 

手軽なダイエット法

ウォーキングは始めるのに必要な道具が少なく、運動音痴でスポーツが苦手でも、歩くことができれば実践できる手軽なダイエット法です。

 

ウォーキングによって脂肪が燃焼

ウォーキングによって脂肪が燃焼し始めるのは歩き始めてから20分後です。ですから、20分以上歩くことを目標にすることができます。

 

 

ウォーキングは誰でも簡単に行える有酸素運動です。他の激しい有酸素運動に比べて筋肉や関節への負担が少ないので、多くの人に勧めることのできるダイエット方法です。

 

有酸素運動は体内に酸素を多く取り入れることで脂肪燃焼効果が期待できるので、ダイエットに最適です。

 

ウォーキングは始めるのに必要な道具が少なく、運動音痴でスポーツが苦手でも、歩くことができれば実践できる手軽なダイエット法です。効率的に酸素を取り込み、脂肪を燃焼させるためには歩くフォームがとても重要です。

 

背筋を伸ばし、胸を少し張って、視線を数メートル先におきましょう。視線が下にいくと姿勢が悪くなってしまうので、数センチ上を見るように意識しましょう。足はかかとから着地し、踏み出すときは親指が地面から離れるようにして踏み込みます。

 

ダイエット目的なら、早歩きで少し息が上がる程度のスピードで歩くように心がけましょう。
ウォーキングによって脂肪が燃焼し始めるのは歩き始めてから20分後です。ですから、20分以上歩くことを目標にすることができます。

 

初心者はまず20分同じペースで歩き続けられるように努力し、慣れてきたら30分、40分と時間を伸ばしてみましょう。ウォーキングのためにあまり時間を取れない人は、コースの中に坂道や階段を取り入れ、負荷をかけて短い時間で効果を上げることもできます。ウォーキングダイエットはその日長く歩いたからといってすぐに効果が表れるものではありません。

 

継続して行うことによってダイエット効果を期待できます。無理なく続けられるようにレベルに応じて歩く時間をコントロールしていきましょう。

 

ウォーキングを行う回数ですが、多くできる人でも、1週間に4、5日くらいがいでしょう。
1、2日は休養日として体を休ませることも大切です。忙しくて時間が取れない人は1週間に1回でも、なにもしないよりは充分に効果を期待できます。

 

スポーツの基本をマスターしよう

スポーツによる運動効果を上げるためにどんなことができるでしょうか?

 

ウォーキングを始めどんなスポーツをするにしても、ウォーミングアップと運動後のアフターケアは重要です。

 

ウォーキングを始めて、膝や足首、腰が痛くなったという言う人は、もしかするとウォーキング前のウォーミングアップが不足しているのかもしれません。ウォーキングは誰でも簡単に始められる運動です。しかし、全身の筋肉を使う運動ですから、運動前のストレッチや準備運動は欠かせません。

 

ウォーミングアップをすることにより、筋肉の柔軟性を高め、体温を少し上げることでパフォーマンスも向上させ、ケガの防止にもなります。長く楽しくウォーキングを行っていくためには、ストレッチや準備運動は絶対に必要です。

 

どのようにウォーミングアップを行うことができるでしょうか?
まずは、正しい姿勢で立つことを心がけましょう。体の中心をを意識し、床、骨盤、肩が平行になるように正しく立ってください。

 

ストレッチ中は呼吸を止めずに、ゆっくり深い呼吸を行うことを意識しましょう。下半身を使うことの多いウォーキングですが、上半身も連動して動かしていきます。腕や肩のストレッチは大切です。

 

肩を上下に動かしてほぐしたり、肘に反対側の腕を挟み、充分に伸ばしていきましょう。肩甲骨もよく稼働させ、上半身全体を柔らかくしてください。次に下半身です。

 

片足を大きく前に踏み出して、体全体を下に沈めていき、大きな動きで太ももの筋肉をストレッチさせます。左右の太ももともしっかり伸ばしてください。さらに今度は軽く半歩踏み出しゆっくりと体を沈めてすねの筋肉を伸ばします。そのまま爪先を持ち上げると、ふくらはぎの筋肉を伸ばすことができます。これも左右両方の足行ってください。

 

軽いウォーミングアップ体を温めてから、歩き出すことにより、怪我を防止することができます。

 

野球のピッチャーが試合後に肩や肘をアイシングしている姿を見たことがありませんか?またアスリートが試合や練習後に入念にストレッチをしている様子を見たことがあるでしょう。どんなスポーツでも運動後の体のケアはとても重要なことです。

 

ウォーキングの場合もアイシングによるクールダウンや、ストレッチによって疲労の除去や怪我の予防、パフォーマンスの向上につなげることができます。アイシングはケガをしたときに応急処置というイメージもありますが、筋肉の緊張を和らげるリラックス効果や血液の循環を良くする効果もあります。

 

冷やすことにより代謝を下げることで、疲労物質の分泌や余計なエネルギーの消費を抑え、運動で傷ついた細かい炎症を冷ますことによって、疲労回復や筋肉痛を軽減することができるのです。

 

アイシングを行うタイミングのポイントとしては、早ければ早いほどいいということを覚えておきましょう。野球のピッチャーが降板直後にすぐアイシングしているのはそのためです。専用のアイスバッグでする場合は15分から20分くらい冷やすと効果的です。

 

自宅に道具がなくても、水のシャワーでアイシングをしたり水風呂に入るなどすればある程度の効果があります。また、運動後の別のケアとして、運動後もストレッチを行いましょう。カチコチに固まっている筋肉や腱を元の柔らかさに戻すことができます。

 

ウォーキングを行うときには下半身全体の筋肉を連動させて使うことになります。体を支えることになる足のふくらはぎの筋肉をよく動かすことになるので、入念にストレッチすると効果的です。

 

やり方としては、椅子に浅く腰掛けるか地面に座り、膝を伸ばした状態で爪先をできるだけすねに近づけるように伸ばしてください。そうすればふくらはぎの筋肉も一緒に伸ばしてやわらかくすることができます。

 

ストレッチを行うことによって怪我の防止に繋がりますし、疲労回復を早めるという効果もあります。安全に長く運動を楽しむために、スポーツをする時の体のケアについて基本的なことを知っておくことはとても重要です。

 

すぐに役立つスポーツ資格の選び方

ひとくちにスポーツの資格といっても、世の中にはたくさんのスポーツ関連の資格があります。

 

例えば、スポーツ指導の基礎を学び、地域において総合的なスポーツの指導に当たる、スポーツ指導基礎資格があります。また、競技別に指導を行ったり、アドバイザーになれるような資格があります。

 

地域スポーツクラブや地域公共施設、商業スポーツ施設などで、健康や体作りなどについて教えることができるようになる、フィットネス関連の資格もあります。また、スポーツと医療は密接に関わりあっているので、メディカル・コンディショニングに関連した資格もあります。

 

自分がどの分野でスキルアップしたいのか、どんなスキルを仕事に活かしていきたいのかなどで、目指す資格の種類は変わってくると思います。

 

ウォーキングは誰でも簡単に行える有酸素運動です。他の激しい有酸素運動に比べて筋肉や関節への負担が少ないので、多くの人に勧めることのできるダイエット方法です。

要点を紹介するキャラクター

 

スポーツ系のおすすめ資格ランキング

ウォーキングをより効果的に行うために、あるいは正しいウォーキングについて人に指導するために資格取得を目指したいと思うかもしれません。

 

スポーツ系、特にウォーキングに関連したおすすめの資格とそれを取得できる通信講座ををランキング形式でご紹介したいと思います。

 

画像名を入力

ウォーキングアドバイザーの特徴

ウォーキングの有酸素運動効果や、心身に与える影響、健康増進やダイエット、生活習慣病の予防などの広範囲に渡る知識を持っており、しっかり理解していると認められた方に与えられる資格です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ウォーキングアドバイザーの総評
  • ウォーキングを始める前に知っておくべき基本知識
  • ウォーキングの効果、準備
  • コース選びや効果的で理想的フォームについてしっかりと学ぶ
公式サイトへ

 

画像名を入力

歩き方インストラクターの特徴

ウォーキングの効果などの知識について、またその効果、ウォーキング時のフォームやその人に合った歩き方、ペース、コースをより効果的に構成出来る技能を身に着けた方に与えられる資格です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
歩き方インストラクターの総評
  • ウォーキングの基本的な知識
  • コース選びや目的別の理想的なウォーキング方法
  • ウォーキングに関することを一通り学ぶ
公式サイトへ

スポーツ資格講座 おすすめ・ランキング

第1位:ウォーキングアドバイザー

まず第1位は「諒設計アーキテクトラーニング」で受講できる「ウォーキングアドバイザーW資格取得講座」です。

 

通信教育スクール.netのアンケートで満足した通信講座1位にも選ばれてる信頼の置ける通信講座です。
この講座ではウォーキングを始める前に知っておくべき基本知識から、ウォーキングの効果、準備、コース選びや効果的で理想的フォームについてしっかりと学ぶことができます。カリキュラムは易しく、初心者でも簡単に始めることができる内容となっています。

 

ウォーキングに関する2つの資格の取得を目指した講座で、日本生活環境支援協会(JLESA)の主催する「ウォーキングアドバイザー」資格と、日本インストラクター(JIA)の主催する「歩き方インストラクター」の2つの資格を得ることができます。

 

講座には通常講座とスペシャル講座があり、スペシャル講座を選択すれば、添削課題をクリアした後、卒業課題を提出することで試験免除となり、卒業と同時に2つの資格を取得することができます。すぐに資格を取得したい場合や確実に資格を取得したい場合はスペシャル講座がおすすめです。

 

第2位:歩き方インストラクター

歩き方インストラクター資格を取得できるおすすめの講座ランキング第2位は、「通信教育・通信講座SARAスクールジャパン」が実施している「ウォーキング基本コース/プラチナコース」です。

 

このコースでは、ウォーキングの基本的な知識から効果的な歩き方、コース選びや目的別の理想的なウォーキング方法など、ウォーキングに関することを一通り学ぶことができます。この講座でも、日本生活環境支援協会(JLESA)の主催する「ウォーキングアドバイザー」資格と、日本インストラクター(JIA)の主催する「歩き方インストラクター」の2つ資格を同時に取得することができます。

 

受講後は講座で学んだ知識を活かしてウォーキングについて他の人にアドバイスしたり、カルチャースクールでウォーキング教室を開くなどして講師活動が可能になります。

 

SARAスクールジャパンの講座で使われる教材は初心者でもわかりやすいように作成されているので、だれでも気軽に学ぶことができます。また、学習中にわからないことがあれば、ウォーキングの専門スタッフに個別質問もできるので安心して学習に取り組めます。

 

プラチナコースを選択すれば、無試験で卒業と同時に資格を取得することができます。

 

一番おすすめなのは「ウォーキングアドバイザー資格」

ウォーキング関連の資格の中でも一番おすすめ「ウォーキングアドバイザー」
健康増進効果やダイエット効果、生活習慣病の予防などへの幅広い知識
スポーツや運動関係の仕事についている人に人気の資格

ウォーキング関連の資格の中でも、一番おすすめなのは、日本生活環境支援協会(JLESA)が認定する「ウォーキングアドバイザー」資格です。

 

上記の通信講座を受講することによって取得できるほか、自分で試験だけを申し込んで受験し70%以上の評価が出れば資格を取得することができます。

 

このウォーキングアドバイザーになるためには、ウォーキングの有酸素運動効果や、心身に与える影響、健康増進効果やダイエット効果、生活習慣病の予防などへの幅広い知識を確実に持っていなければなりません。

 

スポーツや運動関係の仕事についている人、これからそういった仕事を目指す人、あるいは健康に関する確かな知識を身につけて自分の生活に役立てたい人に人気の資格です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどでウォーキングに関する講師として活動することができます。

 

認定試験を受けるための受験資格は特にありませんので、誰でも受験の申し込みをすることができます。受験料として10,000円がかかりますが、通信講座を受講するよりは安くなります。偶数月に試験が行われており、受験の機会は年に6回もあります。

 

ですから、自分のタイミングで受験でき非常に便利です。試験月の前月1ヶ月が受験申込期間となっています。試験月の20日〜25日が試験期間となっていて受験者はその期間に自宅で試験問題を回答し、回答用紙を月末の提出期限までに郵送します。

 

翌月の20日に合格通知が発送されます。もし試験に落ちてしまったとしても、すぐに次の試験日があるので再チャレンジしやすくなっています。

 

ウォーキング資格はこちら

 

まとめ

効果的なウォーキングを行うためには正しい知識が必要です。気軽に行えることで人気のウォーキングですが、ただ漫然と散歩をしているだけではそれなりの効果しか得ることができません。

 

特にダイエット目的でウォーキングをしたいのなら、脂肪を燃焼させるために基本的な知識が必要になってきます。正しいフォームで、脂肪が燃焼されるといわれる20分を目標に歩き続ける必要があります。

 

また、安全に怪我をせずにウォーキングを楽しむためにも正しい知識をもっておく必要があります。ウォーキングは気軽に行えるとはいえ、全身を使った運動となります。運動前のウォーミングアップは欠かせませんし、運動後のストレッチをやアイシングなどの体のアフターケアも大切です。

 

ウォーミングアップやアフターケアをしっかりすることで、怪我を予防し、運動パフォーマンスを向上させることができるのです。

 

ウォーキングに関する知識を得るために、スポーツ系の資格の取得を目指す人もいます。「ウォーキングアドバイザー」資格や、「歩き方インストラクター」の資格を取得すればウォーキング全般に関する基本的な知識を得ることができます。

 

これらの資格は通信講座を受講して学ぶことができますし、直接認定試験を受けて合格すれば自分で取得することもできます。

 

資格の取得後は、健康増進やダイエットに効果的なウォーキングについて他の人に自信を持って教えることができるようになります。

 

知人にアドバイスするのはとてもいいことですし、チャンスがあればカルチャースクールなどで講師として教える機会があるかもしれません。

更新履歴