運動中の紫外線には十分注意しよう

 

日中ウォーキングをするときに気になるのはやはり太陽の紫外線です。

 

日焼けの原因となりますシミやシワの原因ともなってしまいます。さらに肌の老化を早めたり皮膚ガンのひとつの原因ともなり得るので、日焼け・紫外線対策は必須です。

 

ウォーキングのをする時に紫外線を防ぐどのようなコツがあるでしょうか?

 

運動中の日焼けを防ぐためのコツ

まず、時間帯を選んで運動するのは良いことです。1日の中でも、特に10時から14時までは紫外線が最も強い時間帯です。

 

1日のうちの約60%の紫外線がこの時間帯に降り注ぎます。この時間帯はできるだけさけ、できるなら、早朝や夕方、夜間にウォーキングをすれば、日焼けを防ぐことができます。日焼け止めを使うのは非常に効果的な紫外線対策です。

 

最近の日焼け止めにはSPFという数値が表示されています。SPFが1あたり、20分から25分程度紫外線を防ぐことができます。つまりSPF10ということは200分から250分日焼け止めの効果があるということです。

 

ただし、SPF数値が高ければ高いほどいいというわけではありません。数値が高いとそれだけ刺激が強く肌に負担がかかってしまうからです。自分のウォーキング時間を計算して適度な日焼け止めを選びましょう。

 

運動をするときは汗もかくので、水に流れにくいものを選ぶと効果的です。

 

サングラスやウェアでUVをカットしよう!

紫外線対策のためにサングラスをかけるのも効果的です。UVカット機能付きのサングラスをかければ、紫外線の目への侵入をほぼカットすることができます。

 

ただし、サングラスに隙間があると、紫外線は侵入してきてしまいます。目元もカバーできるような顔の骨格にフィットしたスポーツサングラスを選ぶようにしましょう。

 

肌を露出しないウェアを選ぶのも日焼け対策に効果的です。アームカバーや手袋、スパッツ、帽子などを着用して肌をできるだけ露出しないようにしましょう。紫外線は薄い衣服だと、いくらか侵入して肌に到達してしまいます。

 

最近はUVカットのスポーツウェアも登場しているのでそれを活用してもいいでしょう。肌を衣服で覆うと紫外線は避けられますが、熱がこもりやすくなるというデメリットもあります。発汗性のあるものを選び、こまめに給水するなどの工夫が必要です。

 

まとめ

日焼けや紫外線によって健康被害が出てしまうこともあるので、運動のときには十分対策を施しましょう。

関連ページ

気軽に受講できる健康ウォーキング資格
健康やダイエットに注目が集まる中、ウォーキングを始める人たちも増えています。ウォーキングはただ歩くだけと考えている人もいると思いますが、実はやり方によって効果に大きな差が出てきます。
歩き方を美しくブラッシュアップしよう
ダイエットや健康のために何か運動をしている人も多いと思います。忙しくてそんなに暇がない人でも、普段の歩き方をブラッシュアップさせることで見た目も美しく、そしてダイエットや筋力アップにつなげることができます。
骨盤や背中の歪みを改善しよう
骨盤や背骨が正しい位置になかったり歪んでいると、体のあちこちに負担がでて調子が悪くなってしまうこともあります。正しいウォーキング法で、骨盤や背中の歪みをある程度改善することができます。どのような方法でそうできるのでしょうか?
インストラタースキルを高められる資格
より効果的なウォーキングスキルを学んで自分のウォーキングに役立てたり、他の人にも上手に教えられるように、ウォーキングに関する資格取得を目指す人がいます。ウォーキングにはどのような資格制度があるのでしょうか?
おすすめのスポーツウェア情報まとめ
ダイエットや健康的な体作りのためにウォーキングをする人は年々増えています。これからウォーキングを始めてみたいなぁと考えている人もいらっしゃるでしょう。初心者はどのような服装で歩けばいいのか迷ってしまうかもしれません。
おしゃれも楽しめるスポーツウェア
健康的な体作りやダイエットのために人気が高まっているウォーキングですが、初めてみたいとは思うもののなかなかその一歩が踏み出せないという方も多いと思います。比較的そろえる道具が少なくてすみ簡単に始めることのできるウォーキングですが、初心者は何を着て歩けばいいのか悩んでしまうかもしれません。
引き締め効果も期待できる女性向けスポーツウェア
健康的な体作りやダイエットのために人気が高まっているウォーキングですが、初めてみたいとは思うもののなかなかその一歩が踏み出せないという方も多いと思います。比較的そろえる道具が少なくてすみ簡単に始めることのできるウォーキングですが、初心者は何を着て歩けばいいのか悩んでしまうかもしれません。
体と足にあった靴選びのコツ
健康的な体作りやダイエットのためにウォーキングの人気が高まっています。中には初めてみたいとは思うもののなかなかその一歩が踏み出せないという方もいるかもしれません。
ウォーキングに最適な距離とウォーキング時間
ダイエットのためにウォーキングを始める人が増えています。ところで、ウォーキングでダイエット効果を最大限得るためには、どれくらいの距離を、どのくらいの時間歩き続けなければならないのでしょうか?最適な距離と時間について調べてみました。
ウォーキングのために鍛えておと良い筋肉
健康的な体作りやダイエットのためにウォーキングを始める人が増えています。これから始めたいとは思っていても、体力や筋力がもつか心配という人もいるかもしれません。普段あまり運動していない人だと特にそうでしょう。
アイシングとストレッチのポイント
プロ野球を見ているとピッチャーが試合後に肩や肘をアイシングしている姿を見たことがあると思います。バレーでもサッカーでも一流の選手は試合後のストレッチは欠かしません。どんなスポーツでも運動後のケアはとても重要なことです。
運動前のストレッチと準備運動
ウォーキングをするとき、ただ歩くだけだからと言って、すぐに歩き始めていませんか?ウォーキングを始めて、膝や足首、腰が痛くなったというトラブルの声をよく耳にします。
ジムでのランニングを楽しむコツ
外でランニングやウォーキングを行っていると、ヤル気が天候に大きく影響されてしまいます。「今日は雨だから」「今日は風が強いから」そんな言い訳に流されて、運動することが続かなくなったという経験はありませんか?その点、ジムのランニングマシンを使えば、天候に左右されることはありません。
運動と音楽を合わせると長続きする
ウォーキングなどの運動をする際、イヤホンで音楽を聴きながら歩いている人を多く見かけます。実は運動と音楽を合わせることにはたくさんのメリットがあることがわかってしました。特にウォーキングなどの一定のリズムの運動は音楽との相性がいいようです。
効率的に汗をかく方法
適度な汗を毎日かくことは健康的な体作りにとって良いことです。人間が汗をかく理由のひとつは体温調節のためです。体温が高くなったときに汗をかくことで体温を下げちょうど良い体温に調整しようとしてくれます。
筋肉痛を早めに改善するには
ダイエットや健康の為にウォーキングをする人が増えています。誰でも簡単に始めることのできるウォーキングですが、普段運動不足の人がすると、筋肉痛になってしまうこともあります。
クエン酸と乳酸の知識
ウォーキングなどの運動によって蓄積された疲労の回復にはクエン酸が有効だという話は誰もが聞いたことがあると思います。本当に疲労回復にクエン酸が役立つのでしょうか?本当だとしたら、クエン酸をどのように摂取すればいいのでしょうか?
プロテインやHMBサプリメントでダイエット促進
筋トレやウォーキング、ジョギングはダイエットに効果的ですが、それに加えてプロテインやHMBサプリメントを摂取することによってダイエットをより促進することができます。プロテインや筋肉サプリがダイエットに効果的といえるのはなぜでしょうか?
正しい歩き方のフォームを学ぼう
ダイエットや健康ののためにウォーキングをしているたちが増えています。ウォーキングはただ歩くだけ、と簡単に考えている人もいると思いますが、実はそのフォームによって健康に与える効果に大きな差が出てきます。
買い物とウォーキングで毎日ダイエット
健康やダイエットのためにウォーキングを日頃の習慣にしている人が増えています。しかし、主婦の方などは忙しくてトレーニングの時間など取れないかもしれません。そんな方におすすめなのは、買い物にウォーキングを取り入れるという方法です。
家の中でもできるウォーキングダイエット
ダイエットのためにウォーキングをしている人が増えてきています。誰でも簡単に有酸素運動を行えると人気のウォーキングですが、基本的に屋外で行う運動のため、天候によってやる気がだいぶ左右されます。
体幹を鍛えられるウォーキング術
日頃からウォーキングを楽しんでいる人は、体幹を意識したウォーキング方法を実践することにより、ウォーキングの健康効果をよっりアップさせることができます。ただ漫然と歩くだけでなく、正しい歩き方で体幹を意識することにより高い運動効果を期待できるのです。
心理ミュージック資格を取るには
ストレスの多い現代社会において、心理に関する知識は社会的にも重要視され、ニーズも年々高まっています。音楽で人を癒すための知識は特に注目されており、音楽の力や作用についての研究が進んでいます。
骨盤矯正を学ぶには
骨盤に歪みが出ることで、体のあちこちに悪い影響が出ると考えられています。その骨盤の歪みを正常な位置に矯正することが骨盤矯正と呼ばれています。整体師の技術によって骨盤付近の筋肉をほぐし、緊張状態をほぐして関節の可動域を広げる効果があります。